新入会の声 本文へジャンプ

トップ戻る

中央区食生活改善推進員協議会には、平成28年度34名入会されました。。
 
新しく入会された方に、入会の動機や会員になられての感想を
お聞きしました

東地区
 ・田中瑞穂  ・菅原 典子 ・出水洋子  ・高橋 忠雄 ・久守 弘子    
 小学生と中学生がいる我が家と近所に住む60代の両親と90代の祖父。
そろって食事をすることはとても楽しいのですが、年代で食事の内容が違うなあと感じています。食改の皆様と楽しく食事について学んでいきたいと思います。
よろしくお願いします。                 田中 瑞穂

 簡単に済ませがちな食事、あらためて食べる事の大切さに気付かされました。
自分の健康を守るため毎日の食事が美味しくなければ、これも長く続きません。
一つの手引きとして、積極的に会活動に、参加して食べる楽しさを味わいたいと
思います。                             菅原 典子

1921年生まれの私は、あと5年で100歳になります。素食で生育し、いま素晴らしい食の教育を受け、さらに長寿に・・・・・幸福な人生だと、感謝しています。
 目、耳・・・が不自由で・・・それのみ悩です。        高橋 忠雄 
       
「食育の講習会」 私にとっては、久しぶりの勉強会した。毎日興味がが引かれる題材であっという間に3時間がすぎました。講義では、食中毒は、主婦として気を付けている事でしたので記憶に残りました。
札幌に来てからは主人と2人の生活で、和食中心の定番メニューでしたが、レシピを増え、減塩食に心がけております。       出水 洋子   

人生 80年・・・・・食べることから始まる。それが現在の私達なのです。先輩の高橋様を見習い、挑戦しました。養成講座終了証書・・・この年で生きる重みを感じました。成人病=減塩に気を付けて、毎日のお食事を考え、美味しく食して行きたいと思い、頑張ります。ます。              久森 弘子
  平成29年3月11日更新
西創生地区
       ・小田島 旺子    
 養成講座を終えて、早いものでもうすぐ一年です。ほんの軽い気持ちで参加したので、初めは全てが「目から鱗が落ちる」授業内容でした。しかしこの時の私にとって、その後の活動が本当に大変でした。なぜかと言うと、仕事をやめ家に閉じ込もって2年、人に会う事、話をする事ストレスを感じていたからです。まして料理をすることにも興味を無くしていました。そんな自分が人前で説明したり、あたりを見ながら手早く調理する事がすごく不安で、眠れないこともありました。
 私の趣味は仕事だと思い、どんな時でも仕事場に行き体動かすことでストレスを解消してきたことに気が付き、食改に入りみなさんと一緒に料理教室や栄養の講義などの内容にも楽しくなっていました。乳和食にも、減塩料理にも出会い、勉強になっています。今では、習った料理を人にも教えることができるまでになりました そして活動を通してであった皆さんに感謝をする毎日です。
 調理方法をご指導中の小田島 旺子さん